今始めていないあなたは損をしている!?初心者でも簡単FXとは

【PR:DMM.com証券】

「FXには興味はあるけど、知識もないしなんか怖い・・」

あなたもこのように思っていませんか。

ここでは、FXの基本的な知識と、FX会社をご紹介したいと思います。

これを読んであなたもFXを始めてみましょう。

FXの基本的な知識

◆円安と円高の2択でシンプルに予想

FXとは米ドルやユーロなどの外国通貨を売買して、損益が発生する取引のことです。

例えば「1ドル=120円」のときに12万円で1,000ドルを買います。

円安で「1ドル=130円」になったら、手持ちの1,000ドルは13万円に交換できるので、1万円得をします。

このように異なる2国間の通貨を取引して、為替レートの差額が儲けになる仕組みがFXです。各通貨の値動きを予測して稼ぎますので、現在のように値動きが激しいときはチャンスになります。

◆金利の違いでも利益が発生

日本の金利が0.1%でニュージーランドの金利が5.0%のときに、ニュージーランドドルを買ったとします。

2国間の金利差は「5.0%-0.1%=4.9%」となり、ニュージーランドの通貨を保有中はずっと4.9%の金利が貰えます。

FX初心者の人は円高や円安を狙って利益を得るよりも、低金利の日本と諸外国の金利差を利用して、外貨を購入することから始めると、少ないリスクで経験を積めます。

この2国間の金利差を「スワップ金利」と呼び、保有した金額と期間分のスワップポイントを受け取ることができます。

例えば、2017年10月時点で豪ドルを80万円ほど買えば、1日に約50円もの金利が受け取れます。この金利は毎日支払われては、FX会社の口座に蓄積されていき、1年間では18,250円に達します。

そのため、スワップ金利の利益のみを狙うスワップ派の人も多いです。

スワップ金利は日本の銀行に日本円で預けるのではなく、日本のFX会社に外国通貨で保管しておくだけのわかりやすい仕組みです。

◆資金が乏しくても資産運用ができる

先ほどの例で「1ドル=120円」が「1ドル=130円」になったら、12万円が13万円になると紹介しましたが、米ドル/円が10円も変動するには、相当な時間を要するかもしれません。

2012年12月24日~2013年3月4日に82.389円から95.996円に一気に円安になりましたが、それはまれなケースです。その前は1年間で10円も変動していません。それにも関わらず、1万円しか利益が出ないならFXの醍醐味に欠けてしまいます。

そこでFXでは「レバレッジ」と呼ばれる少しのお金で大きなお金を動かせる方法を採っています。レバレッジは資金を担保にして、その25倍までの金額の取引が行える仕組みです。

例えば、証拠金として50万円をFX会社に預け、レバレッジを20倍にして、1,000万円分の外貨を取引することもできます。

その金額で米ドル/円が10円変動すると、±100万円の損益が発生し、その利益や損失だけが自分の口座に残るわけです。

レバレッジを高くすると、自分の持ち金よりも大きなトレードができるのでハイリターンハイリスクになります。そのため、FXの初心者は1~5倍くらいで様子を見ることをおすすめします。

◆1日24時間売買できるのがFX

同じ金融商品である株式投資は9~15時が日本での売買時間となっていますが、FXは24時間取引が行われています。

会社員や自営業の方、育児で時間を割けない主婦でも、FXは世界中のどこかで通貨は売買されていますので、時間に拘束されません。現在ではシステムトレードによる自動売買も盛んです。

24時間いつでも取引ができるので、仕込みや売買テクニックなども活かすことができ、デイトレードなどの短期売買がしやすいため、副業としても人気が集まっています。

◆株式や外貨預金などに比べて手数料が格安

FXはとにかく手数料が安いです。これはすべての売買がシステム化されていて人件費がかからないことと、取り扱う金融商品が各国が発行する紙幣であり、換金や加工などのコストが不要でダイレクトに取引できるためです。

すでにシステム化されている株式投資や債券などの他の金融商品と比べても、手数料は1/2以下です。これは外貨の取引高が1カ月500兆円以上と圧倒的な市場規模であるため、数の多さでコストが下がっています。

同じ外貨投資でも人件費の高い銀行で取り扱っている外貨預金と比較してみると、FXの手数料は1/10~1/100以下になります。
さらに万が一利用中のFX会社が倒産などしても、預けている資金は信託保全で守られており、100%戻ってくるので安心です。

DMM FXがなぜ初心者に選ばれるのか

初めて資産運用をしようと思った人が最初に困るのは、どこの証券会社を選ぶかという点です。資産運用を始めてみたいけど、証券会社がどこがいいか分からずに迷っている。

そんな人にぜひお勧めしたのが、DMM FXです。

>>>詳細はこちら 

◆スプレッド幅(手数料)が0.3銭で業界最安水準

DMM FXの特徴の一つは、取引高が世界第一位な点です。なぜ取引高が世界一位かというと、スプレッドが非常に小さいためたくさん利用され、そのため取引高が一位となっています。

スプレッドとは何かというと、証券会社が売買の際にとる手数料のことです。何回も取引していくなら当然そのスプレッドが低いほうが利益を出せます。

◆DMM FXは初心者へのサポートが充実している

DMM FXは平日であれば、24時間、電話とメールでサポートしてくれます。

更に、FX業界初となる、LINEを使ったサポートも行ってくれます。

◆DMM FXは取引ツールが使いやすい

DMM FXはとにかく操作性が良く、初心からデイトレーダーまで幅広く使われています。

つまりかなり使いやすいということです。

その他にも無料の取引ツールを用途に合わせて複数用意しているので、自分に合ったツールを使用できます。

 

DMM FXの口コミ

個人の感想であり効果を保証するものではありません

 

今なら新規口座開設で20,000円のキャッシュバック

DMM FXの新規口座開設で、最大20,000円のキャッシュバックが行われています。

詳しくはこちらから公式サイトをご確認ください。

※DMM FXの口座を開設する際には、特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック内容や口座開設までのスピード等が変わってしまう場合があるようですので、必ず公式ページから行うことお勧めします。

DMM FX公式ページへ

 

その他のFX会社の特徴

▼FBブロードネット

☑取引単位:千通貨

☑スプレッド

米ドル/円:0.3銭 ユーロ/円:0.5銭 英ポンド/円:1.0銭 豪ドル/円:0.6銭

☑通貨ペア数:24

☑ポイント

1000通貨からの少額取引ができて、取引コストが圧倒的に安い。話題の自動売買にも対応している老舗のFX会社。

・業界トップクラスの低スプレッド
・初心者も安心。1,000通貨単位の少額取引が可能!
・話題のリピート系自動注文 トラッキングトレードが人気!

 

 

▼みんなのFX

☑取引単位:千通貨

☑スプレッド

米ドル/円:0.3銭 ユーロ/円:0.4銭 英ポンド/円:1.0銭 豪ドル/円:0.7銭

☑通貨ペア数:16

☑ポイント

スプレッドが業界最狭水準に設定されているFX会社です。2015年のベスト・FXブローカー賞に選ばれました。

主要通貨ペアは業界最狭水準!USD/JPYを0.3銭(※原則固定)で配信!
取引手数料をはじめ、ダイレクト入金・出金手数料、ロスカット手数料、口座維持費すべてが無料!
最小1.000通貨から取引可能!
24時間電話サポート対応!PC・スマホどちらでも充実した取引ツールで快適トレード!

 

 

▼FXTF(FXトレード・フィナンシャル)

☑取引単位:千通貨

☑スプレッド

米ドル/円:0.3銭 ユーロ/円:0.6銭 英ポンド/円:0.9銭 豪ドル/円:1.4銭

☑通貨ペア数:29

☑ポイント

FXトレード・フィナンシャルの特徴は
1. 裁量取引に便利な発注ツール「Mini terminal」
2. 全29通貨ペアでMacにも対応したMT4(ブラウザ版)
3. チャート上にCFD銘柄も表示できるのはFXTFだけ(チャート機能のみ)
4. 安心の信託保全・国内業者
5. 業界最狭水準スプレッド+取引手数用無料


 
 
 
 

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

FXに対する疑問が解消できましたか。

現在日本には数多くの様々なFX業者が存在しておりますが、きちんと自分に合うFX業者を選び、後悔しないFX人生を送りましょう。

 

 

運営者