Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

年収750万以上の人向け!今より更に高額所得の会社へ転職できるCMでも話題の「ハイクラス専門」転職サイト

【PRビズリーチ】

「1年や2年で仕事を辞めるなんて!」

「転職しても所得も下がるし、また1からのスタートだよ!」

このように言われる時代はもう終わりを告げました。

厚生労働省が5月に発表した今年4月の有効求人倍率は、1.48倍となりバブル経済期の水準を超え、43年2か月ぶりの高水準となりました。

雇用情勢は完全に「売り手市場」の様相を強めている現在、ベンチャー企業はもちろんのこと上場企業でも高所得・優遇での雇用が激化しています。

事実、厚生労働省の調査によると20~24歳で転職した若者のうち45%が賃金増加を達成しております。

更に、残りの半分も賃金増加はしていないものの、新しい仕事に満足している、いわゆる「転職に成功」したと言える若者の多い結果となっています。

要するに、転職をきっかけにし、「前職より満足のいく会社で働けている」「所得がよくなった」など成功する若者が増えてきているということなのです。

なぜ転職するのか?

転職する理由はそれぞれ様々あると思います。

こちらのアンケートはある求人会社が約1万人のデータを元に「転職理由」の順位です。

あなたも少しでも転職したいと考えていれば、下記の理由のいずれかではないでしょうか。

1位 他にやりたい仕事がある

2位 給与に不満がある

3位 労働環境(休日/残業)に不満がある

4位 幅広い知識と経験を積みたい(キャリアアップしたい)

5位 その会社・業界の将来が不安である

6位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった

7位 社風(社長)が合わなかった

8位 昇進や評価が不満だった

1位は「他にやりたい仕事がある」という結果でした。

確かに他にやりたいことがあれば、転職先が見つけやすく、決定も早いかもしれません。

しかし、他に上位にきている「給与に不満がある」、「労働環境に不満がある」は労働条件の不満であって、なかなか転職に踏み切るのが難しい場合があります。

仕事をする理由は、お金を稼ぐことであり、給料がなくなればこれまでの生活を送れなくなってしまうため、会社に勤めながら転職活動をする人も多いのが現実です。

その転職活動の中で、「自分のやりたい仕事」「労働条件がいい」「給与がいい」「スキルアップできる」このような完璧な会社を転職サイトで見つけるのは非常に困難だと言えます。

今や「転職したことがない人」は市場価値が低い

「私は勤続30年です。」

なんて響きのいい言葉でしょうか。

とても素晴らしいことだと思います。

学生の時にも「皆勤賞」というものが存在し、日本人は昔から「長続きする人」=「偉い」という考え方があります。

もちろん、その考え方は間違ってはいないはずです。

確かに長続きする人は根性があるのかもしれません。

しかし、仕事においては当てはまらない場合もあります。

それは転職する理由です。

もちろん「働くのが嫌だから・・」「飽きたから・・」という理由は誰もがマイナスにとらえるはずです。

ただし、「スキルアップしたい!」「もっと成果を評価される会社で頑張りたい!」「営業でトップセールスマンになりたい!」などポジティブな転職に関しては、転職そのものにマイナス的な考えは働かず、むしろ評価される時代になってきています。

会社としては、「向上心がある人」「会社の重要な人財になりうる人」を求めているはずです。

要するに、日々淡々と何も考えずに仕事を作業的にこなしいてる人よりも向上心とやる気があり、将来的に成長してくれる、会社の売上に貢献してくれるビジネスパーソンの方が市場価値が高いということなのです。

それは勤続年数とはあまり関係ありません。

どうやって転職活動をすればいいのか

冒頭で申し上げたとおり、高水準の「売り手市場」である今、同時に転職サイト(自分で企業に応募)や転職エージェント(人材紹介)といった方法が複数あります。

ここでは、転職サイトと転職エージェントについて詳しくご説明します。

まず大きな違いは専任のキャリアアドバイザーがつくか否かというところです。

転職エージェントはその名の通り、エージェント(アドバイザー)がつき、代わり求人を探してくれたり、書類を作成する際のサポートをしてもらえます。

要するに、転職先を自分で探すのか、エージェントに探してもらうのか、というところです。

転職サイトを利用した場合のメリットとデメリット

■メリット

・気軽に利用できる

・幅広く応募でき、自分の転職したい企業が見つかりやすい

・24時間利用できる

■デメリット

・企業との調整を自分でやらなければいけない

転職エージェントを利用した場合のメリットとデメリット

■メリット

・無料でサポートしてもらえる

・企業との調整をしてもらえる

■デメリット

・応募に関しては、エージェントが選んだ企業に限られる

・異業種への転職には向かない

・企業の情報が個人で見れない

選び方のポイントとしては、「転職活動ができる時間」と「なぜ転職したいのか」に合わせて選んでみるといいかもしれません。

転職活動のできる時間があれば、自分で探せる「転職サイト」を確実に利用した方がいいはずです。

また、「スキルアップ」や「高額所得」の企業を探す場合にも「転職サイト」が適していると言えます。

 

高額所得者だけの会員制ハイクラス転職サイト「BIZ REACH」

そんな転職サイトの中で、今CMでも話題を集めている転職サイトがあります。

「BIZ REACH」は、求人掲載数74000件、採用企業数6900社、登録されたヘッドハンター1800人という、企業・求人の数が豊富です。

更に他の転職サイトと違うところは、「ハイクラス」「エグゼクティブ」といった求人・企業に特化している転職サイトです。

現在の年収が750万円以上のハイクラスの人が更にハイクラスの会社へ転職できるサイトになっております。

ビズリーチ利用者の口コミ

もし、あなたの転職理由が「スキルアップ」「高額所得」「ハイクラスへ」ならば、一度採用企業だけでも確認してみてはいかがでしょうか。

諦めていたあなたにピッタリな企業が見つかるかもしれません。

運営者